日本の漬物とは違うタイの漬物のパッカードーン

日本の和食には漬物が添えられていますが、漬物文化は日本だけのものではなく、海外にもその国特有の漬物はあります。
タイには菜っ葉を利用した漬物があり、パッカードーンという名前のタイの代表的な漬物です。
日本の漬物は包丁で切って、お皿に乗せたらそのまま食べますが、タイの場合は日本とは少し異なり、そのまま切って食べるわけではありません。
タイの一般的な家庭での食べ方は、漬物をひと手間加えて調理をするのがスタンダードな食べ方です。
よくタイでは麺料理を食べますが、麺料理に漬物を入れて食べたり、おかゆをつくるときにも漬物を入れたり、卵と一緒に漬物を炒め料理にすることもあります。
高菜のカテゴリである菜っ葉を使うパッカードーンは、作るときには塩漬けをしますが、もち米を蒸して塩漬けに使うこともあり、もち米を入れると仕上がるのは酸味のある漬物です。
またタイの漬物の場合は、仕上がった漬物だけを食べるのではなく、漬け汁も料理に使います。
タイのスープには漬物の汁を入れる料理もあるので、味わいも漬物汁が入ることで独特で素。